全身脱毛後に汗は増えるって聞くけど本当?

全身脱毛をした際、特にワキに関しては脱毛する前よりも汗をかきやすくなったと感じる人が多いです。「脱毛したら多汗症になった」と感じる人もいますが、実際に病気になったのではありません。今まではムダ毛が汗をブロックしてくれていましたが脱毛してムダ毛がなくなったことで直接感じやすくなったのです。ただしごく稀に医療レーザーで全身脱毛をした際、そのパワーの強さで汗腺が刺激されて本当に汗の量が増える人もいるようです。
脱毛する前より脱毛後の方が汗を感じやすくなることはある意味、全身脱毛の唯一のデメリットです。特にワキは誰でも存在する皮膚の常在菌と汗が混ざり合うことで、いわゆる”ワキガ”のような嫌なニオイに悩まされる人も多いです。このニオイを防ぐためにも常に清潔に保つことが重要です。
止まることなくダラダラと流れ続け、服がシミになってしまうと外出中でも気になってしまいます。対策として制汗スプレーを持ち歩いて気になる時に使ったり、常にタオルで拭いたり、必要であれば着替えも持ち歩く人もいます。全身脱毛でムダ毛がなくなればスプレーの成分も浸透しやすく、脱毛する前よりも効果が期待できます。スプレーでも効果が不十分な人はロールオンタイプがおすすめです。
また意外と「今日は服がシミになっていないかな」「今日はどれくらいの量が出るのかな」などと考えすぎるとさらにその量が増えてしまう人もいるので考えすぎないことも重要です。
参考